千加来のサイコロ日記

「裏と表シンガー」 自分のこれまでの人生を振り返りながら、発達障害、鬱病、サイコパスについて書いています。あとは、日々の何気ないこと、ネタ、告知など含め徒然書いていきます。よろしくお願いします。

歌をやろうと決めてから、まず取り組んだのは、オーディション。
東京のある大手芸能事務所のオーディションを受けに行きました。
1次審査は書類、これをクリア。
2次審査は面接、面接会場は複数あって、全部で何人の人が受けているのかは把握できませんが、私が行った会場には200人ほどいました。5人1組で面接を行い、内容は質問をいくつかと、私の場合は歌手志望だったので、得意な歌のサビだけをアカペラでこの場で歌え、というものでした。私はすぐに秦基博さんの水彩の月のサビを歌いました。数日後、2次審査通過の通知。ここもクリア。
最終審査は、ちゃんとしたスタジオでのレコーディング。課題曲があり、男性はスキマスイッチの奏、女性は…すいません、覚えていません。
奏をとにかく練習して、いざ最終審査会へ。
初めてのスタジオ、初めてのレコーディング。右も左も分からないまま、とにかく練習の成果を出せるように懸命に歌いました。
そして2週間後。通知が来ました。
「最終審査、通過したことをご報告いたします…」
!!!!!!!!!
受かったーーーーーーー!!!!!!!!!!!
家族で大喜びしました!
お祝いもしてもらいました!

そして、契約や説明を受けるため、もう一度東京の2次審査をした会場に行き、簡単な説明を受け、資料を貰い、連れていかれたのはレッスンスクール。
その建物内は、ダンス、演技、ボーカル、楽器等、様々な部門に分かれていて、どの部屋からも緊張感がピリピリと感じる場所でした。
そこで改めて詳しい説明を受けました。

ざっくり言いますね。
レッスン受ける日は自由に設定できる、先生たちは名だたる人ばかり、芽が出ればすぐ上の階級へいける、入校費40万、月謝4万、宣材写真費30万、歌の仕事は自分で見つけてこい、金は自分で稼げ、保障などなし。
説明を聞きながら理解するのが大変だったので、とりあえず家族と相談して後日改めて連絡すると伝え、帰ることにしました。
東京駅で新幹線を待っていた時、偶然にも2次審査で一緒だったメンバーに遭遇。
その人も資料や契約書を持っていたので、お互いどんな感じだったかを話しました。
すると衝撃の事実が。
実力や将来性などがあるなし関係なく、ほとんどの人が合格していた。全員をスクールに入れるための「オーディション商法」だったようです。
あまりのショックに言葉が出ませんでした。
帰りの新幹線でボーっとしながら、やっぱり東京で歌をやるには実力もだけど運とか金とかも必要か、とりあえず金も無理だし、歌の仕事探して生活のための仕事もして、なんて到底自分にはできるものではないな。と思いました。
そんな中、先を走っていた新幹線が人身事故だかなんだかがあったようで、乗っていた新幹線が途中で止まり、動かなくなりました。
最終の新幹線だったため、このままだと家に着くのが夜中~朝方になってしまう。早く動いてくれー。
そんな思いも空しく、二戸駅に着いたのは予定よりも2時間遅い夜中1時。
そこから久慈市まで1時間ほどだけど、吹雪、路面凍結のため運転もノロノロ。
運までないのかーーーーーー!!!と車で叫びました。
帰宅したのは朝3時。
ショックだったこともあり眠いを通り越して疲労ハイになってしまい、結局寝れず。
みんなが起きてきたので、全員が揃ったところで事情を説明。
とても残念がっていました。
次の日、私の担当をしてくれた方に電話をし、丁寧にお断りしました。



2ヶ月ほど経ったある日、仕事から帰ってきた父から「盛岡に芸能事務所あるぞ、連絡してみたらどうだ?」と言われました。
なに!?県内に芸能事務所なんてあったのか!!と母と嫁とビックリしたのを覚えています。

後日、連絡をしたら、すぐ来て直接歌を聴かせてほしいと言われたので、その週の末に面接へ。
盛岡市に行き、公会堂の2階が面接場所。
社長さんと事務の方2人がいて、そこでいくつかの質問を受け、2人の前で1曲アカペラでフルで歌いました。
そして、とりあえず合格、ということで話が進んでいきました。
何か聞きたいことはあるかと言われたので、自分が発達障害であること、薬を服用していること、発達障害の説明と、自分が苦手としていることなど、私自身の詳細を話しました。
最後まで話を聞いてくださり、障害について質問などもしてもらいながら話しました。
それでも大丈夫、ペースに合わせてあげるから、と言っていただき、お金の相談もして、家族と話し合い、ここで頑張ってみようという結論になり、次の月からレッスンを受けることになりました。
私はボーカルレッスンだけ受けることになり、ほかの生徒の人はダンスレッスンなども並行して受講していたようです。

なんとか歌手になるための道を見つけることができ、ホッとしました。
発声練習など基礎を学び、自分ができること+好きなことだったこともあり、どんどん吸収して成長していくのが自分でも分かりました。
そして、なにより先生が教えるのがとにかく上手い!!
分かりやすいし、覚えやすい!!
先生も発達障害について少し知識があり、特性を分かってもらったうえで教えてくれたので、更に成長することができました。


初めてのステージは、北上さくらホール。
生徒さんたちが練習の成果を発表できるステージ。
私はアカペラで森山直太朗さんの愛し君へを歌いました。
大勢のお客様、静かなステージ。
歌い始めると緊張もどこかへ飛んでいき、気持ちよく歌うことができました。


その後、実力を認めてもらい、社長がいろんなところに連れて行ってくれて、たくさんの人を紹介してもらい、いろんなところで歌わせていただき、たくさんの経験をすることができました。


1年半ほど過ぎ、独立を決め、フリーになった私。

その後の話は次の記事へ。

両親と私はまず、今までの私のことを思い返すところから始めました。
ネットで大人の発達障害について調べ、症状を見ました。

ここでは自分の主な症状について書きます。
補足的な情報も書いておきます。

・片付けができない
これは小さいころからで、小学生の時は自分の机の中は基本ごみ溜めとなっていました。
クレヨンやクーピーはケースに入っていることはまずありえませんでした。
なので通信簿のところでは片付けの評価はいつも5段階の1か2。(低いほど悪い)
また、年齢に関係なく、服は脱ぎっぱなし、たたむ、かける、洗濯物としての認識、皆無でした。
物に関しては、頻繁に使うもの以外は埃を被っていようがカビていようが全く気にしませんでした。

・物事を順序立てて行うことができない
仕事や生活面でも言えることですが、今やっていることに集中してやらないと次の工程にいけません。
何かをやりながら、次はこうして、その次はこれをやって…のように考えることが不可能です。
なので、片付けにも関係してきますが、効率も要領も悪いので、自分の部屋を片付けるのに2日も3日もかかります。しかも、2つ以上のことを考えてやってしまうと、今自分がやっていることに集中してしまい、その他をすべて忘れて、あれ?何するんだっけ?となってしまいます。そうなると、思い出すことも容易ではありません。
仕事なんて流れが命だし、順序立ててやらないと周りが迷惑します。それだけやってんじゃねーよ!という言葉、幾多の人に何回言われてきたんだか…

・時間管理が苦手
これは本当に大変です。遅刻だって何回やらかしたことか。自分が思っている2~3倍の時間を想定して動かないと、何も間に合いません。また、細かいところまで設定してスケジュールをたてるので、不測の事態が起こった時にパニックになります。1分2分ズレただけでもダメです。歌をやっている自分にとっては命取り。ここは家族含め周りの方々に協力してもらいながら生活しています。

・忘れ物、なくし物が多い
何回母を学校に呼んだのでしょう。宿題なんてやったことのほうが少ないんじゃないかぐらい忘れてましたし、教科書、弁当などを届けに、学生の時は母もかなり大変だったと思います。明日は「絶対」これを持ってきてくださいと言われたものは、何故か特に忘れてしまうんですよ。管理が苦手なので、どこに置いたかもすぐ忘れるし、探していたものがあったことを確認すると安心してしまうのか、また忘れるんです。なんとなく、あそこらへんにあったなーと記憶が曖昧。
なくしてきた物の数は…数え切れません。
仕事でも、忘れ物やなくし物が多く、たくさん叱られました。

・ケアレスミス
このせいで仕事が覚えれないといっても過言ではないです。同じところでするはずのないようなミスを何回も繰り返します。よく発達障害の人は工場などで単純作業をするのがいい、という言葉を目にしたり耳にしたりします。が、これもダメなんです。一つのことを淡々とやっていくと、ミスをし始め、そうなるとそれが癖のように何回も何回も繰り返してしまうからです。部品作りなどでのミスは、最悪の場合、一つ間違えると誰かの命を落としてしまう可能性もあるわけなので、これも困難です。

・過集中(切り替えが難しい)
これは、使い方によっては良い方向にもっていけますが、だいたいは悪い評価を受けます。
一長一短。諸刃の剣。
夢中になってしまうと、時間も忘れ、ご飯も食べずずーっとそればかりしています。
私の場合は、小さいころ、ミニカーや動物のフィギュアが大好きで、それを綺麗に寸分の狂いもないように真っすぐ並べるという遊びをしていました。母が掃除のとき、少しぶつかってズレただけで大激怒。邪魔だから外でやりなさい!!と言うと、本当に外に出てまた1から並べなおして、長ーいオモチャの列を作っていたそうです。
小学生のときは生き物が好きで、その時流行っていたムシキングという、カブトムシやクワガタのアーケードカードバトルゲームにハマり、すべての昆虫の名前、昆虫がいる国や土地名、技カード、それに移っている昆虫以外の生物、植物、とにかく隅々までの情報を記憶していました。
高校生になるとバスケにハマり、動画を見続け、暇さえあればバスケをしに、体育館や外にあるバスケ施設で時間ギリギリまでやり続けました。動き、タイミング、技名、それもすべて記憶、それをできるようになるまでとにかく練習。
とにかく、好奇心が沸いたものに熱中、夢中になりすぎてしまうのです。
周りも見えなくなり、声も聞こえなくなるくらいに。
なので、やらなくてはいけないことを置き去りにしてでもそれをやってしまうんです。
仕事では、今やっている仕事一つに対して集中してしまうため、それしかやらないために、何回も言いますが、怒られまくってきました。
今は、大好きな歌をやっているので、過集中を逆に利用して、歌の知識などを吸収しています。
好きなものに対しての集中力や記憶力は、正直負ける気がしません。
その分雑学も多く、話のネタに困ることもほとんどないですし、知らないことがあれば情報を吸収してさらなる自分の進化のために過集中を使っています。

・衝動的に動いてしまう
思い立ったら後先考えず動いてしまいます。なのに、効率は悪いし、忘れっぽいし、9割は痛い目にあいます。大事なことを周囲に相談せず、とにかく思い立ったら動く。そのため買う予定じゃなかったもの、それが高価だろうがなんだろうが、欲しい!ってなってしまうと関係なく買ってしまう。(車など)

・黙っていられない
まず、じっと座ってるのが苦痛。ペンをカチカチしたり、貧乏ゆすりしたり、キョロキョロしたりとにかく落ち着きがありません。
そしてもう一つ。思ったことをすぐ口に出してしまうんです。
これで気付かないうちに人を傷つけてしまったことが何回もありますし、未だにあります。
心のお漏らしと表現していますが、本当に無意識に出てしまう。
心の中でとどめておくことが困難です。

これが主な症状です。
あと補足的なものをあげると、感情のコントロールが難しい、言葉の使い方が独特、暗黙の了解や社会のルールなどを察することができない、文章を読み取り理解するのに時間がかかる、相手が話していることを理解するのにも時間がかかる、時には理解できないこともあります。あとは、こだわりがとにかく強い、全体を把握するのが苦手、音に超敏感。
(これは症状か分かりませんが、急に動かれたり、後ろに立たれたり、後ろから何かされる、例えば後ろから声をかける、後ろからトントンして呼ぶ等をされると、攻撃態勢をとってしまいます。ときには攻撃態勢でとどまらず攻撃してしまう可能性もありますので、私に声をかけるときは正面からお願いいたします。)


こんな感じで親と思い返し、それに対して私自身、そして周りはどのように対処していけばいいのかを話し合いました。
両親や嫁はまだよかったのですが、姉や他の周りの人たちは理解するのが困難なようでした。
「誰でもあることじゃん。」
姉二人がよく口にした言葉です。
これをきっかけによく言い合いになり、時には激怒し暴れまくることもありました。

自分で理解したり、周りが理解したり、ある程度対処できるようになるまで、2年以上かかりました。
完全に対処しきれているわけではないので、未だに大変です。

周囲の理解、これが大人の発達障害で一番の課題ではないかなと私は思います。
理解というのは知識的に分かっている、ということではないんです。
私の場合は、その日によって変わる人格、気分などもあるので、余計に対処に困るようです。
それでも諦めず根気強く、その時その時で対応し、それを対処法として理解する。
本人は気付いていないので、時には強い口調で言ってあげたり、止めてあげたり、アドバイスしないと大変なことになります。
でも、これを実践し続けることが、普通の人はなかなか難しいようです。


話を戻し、歌をやると言った私のその後については
次の記事へ

とりあえず、また店に戻ることになりました。
親と俺と3人で店をやり続けました。
もちろん鬼のように忙しい日もありました。
母の証言によると、忙しいときの私の状態はパニック状態で、訳の分からないことを言ったり、怒ったり、ミスを繰り返したりと、確実に普通の状態ではなかったとのことです。
でも、徐々に店の知名度もあがり、仕事に対して楽しさを覚えていきました。
もともと料理をすることは大好きだし、おいしそうに食べているお客さんの顔を見ているのも好きだったし、会計のときに「とてもおいしかったです!また来ますね!」なんて言われた日には、口の中に幸せが溢れだし、体中に幸福ホルモンが分泌されまくりました。


戻った年の12月、親の体力の限界もあり、店を閉めました。
そして嫁からの一言。
「病院で診てもらおう」
最初は嫌でした。なんで俺が心療内科なんかにいかなきゃいけないのか。俺には縁もゆかりもないところ。そう思っていましたが、嫁や親から自分の状態を教えられ、一度診てもらおうと決意しました。

ある日の午前、病院に電話をしました。
電話に出たのは、院長先生。
私は全てを話しました。話しながら涙が溢れ始め、止めることができなかったです。
先生は最後まで話を聞いてくれました。
「今から来れますか?」と言われ、行きます!と即答。
病院は盛岡でしたが、嫁に電話をし、嫁は仕事中でしたが午後休みを取り、母と嫁と3人ですぐ病院に向かいました。
あとから聞いたことでしたが、その日本当は休診日で、院長先生はたまたま残っていた仕事をやりに来ていたそうです。

病院に着き、すぐにテストが始まりました。
質問が書いてあり、それに答えを書き込んでいく。
いろんなことを思い出し、時には嫁や母にどういう状態だったかを聞きながら書いていきました。
書き終わり、先生に渡し、3人で診察室に入り、診断結果を聞きました。
結果は、重度のADHD。そして軽度の鬱症状。

やっぱり自分は病気だったのか…
ショック、安堵、不安、謎、たくさんの感情が私を襲いました。
先生は発達障害について教えてくれました。
そして先生は「正直なところ、普通の仕事に就くのは容易なことではありません。自分に合った仕事が見つかるまで転職を繰り返すか、今自分にできることでお金を稼げそうなものがあるならそれをやるか。大人の発達障害のサポートセンターで仕事を紹介してもらうこともできます。」

普通の仕事に就けない=お金を稼げない
やっぱり俺にはできないんだ。
普通に生きること、働くこと、お金を稼ぐこと、家族と嫁を幸せにすること。
できないんだ。
そう思いました。

嫁と母の表情は、正直覚えていません。
人の顔を見ている余裕などありませんでした。

次の診療日を伝えられ、帰路に。
道中、たしかに3人で何かを話していましたが、内容を思い出せません。

家に着き、父の帰宅を待ちました。
父が帰宅し、あったこと全てを話しました。

今後どうしていくかの話になったときに、何故か私の心に答えがありました。

「歌をやりたい。歌を仕事にしたい。」

私の口から出た言葉に、両親と嫁は愕然としていました。
どうやって食っていくんだ、なにから始めるんだ、現実的ではない、もっとまじめに考えよう。
たくさん「正論」や「一般的考え」「一般常識」を言われました。

あー、説明を一緒に受けた嫁や母でさえ気付いていない。
自分にそんなものが通用しないことを。
それが通用する人間なら、とっくに仕事をしていて、とっくに自立しているはず。
普通にできることができないから苦しい。
やっぱり、分からないよな。本人でさえ理解に苦しんでいるんだもの、当然か。

ここから家族の壮絶な闘いが始まりました。



次の記事へ

↑このページのトップヘ